セフレと不倫は同じようで実は違う

既婚者が配偶者以外の人とセックスを行えば、不倫関係に該当しますがセフレとは厳密には意味が違います。
なぜなら、セフレ関係にある場合には最初から既婚者かどうかすら確認する必要が無いからです。

不倫関係に至るには相手のことをある程度知る必要がある

不倫関係に至るためには、出会い系サイトを利用した場合ならプロフィール情報から相手のことをある程度知った上で付き合うことになります。
セフレならば待ち合わせをして身体の相性が良ければそのまま関係継続になりますが、不倫関係は互いのアリバイ工作まで行うことが一般的です。

不倫関係は相手に対する配慮をしっかり行う

不倫関係の多くは、相手に対して愛情を持っていることが前提です。

  • 不倫相手に迷惑が掛からないように常に配慮している
  • 少なくとも本名と住んでいる場所程度は知っている
  • 配偶者の有無は不倫相手の申告による

恋愛感情を持っている状態でセックスを行うからこそ、不倫関係は長続きするわけです。

セフレなら本名すら知らなくても良い

セフレの関係は、趣味としてセックスを行うだけですから、互いの性癖さえ一致していれば本名すら知る必要がありません。
どちらか一方がマンネリ化により飽きたなら、連絡を断つだけで簡単に関係は清算されてしまいます。

セフレには恋愛感情を伴わないことが通常です

不倫関係とセフレの最大の違いは、セフレには恋愛感情を伴わない点が挙げられます。
セフレ相手に対して恋愛感情を持たないからこそ、ある日関係が切れても何ともないわけです。

恋愛感情の有無がセフレと不倫の分岐点

男女の一方または双方が既婚者だった場合には、自由恋愛とはいえセックスを行った時点で不倫関係となります。
しかし、セフレについては恋愛感情を持たない単なる趣味として性癖を満たしているに過ぎません。
このため、恋愛感情があれば不倫、無ければセフレという境界線が生まれるわけです。