セフレを作る際に気を付けて欲しい事

セフレを欲しくないという男性と私は出会った事が無いです。
それほどセフレの需要というのはかなりあります。
ただセフレを作る際の注意点はたくさんあるので、ここでは「セフレを作る際に気を付けて欲しい事」についてご紹介していきます。

セフレを作る際に気を付けて欲しい事

セフレを作る際に気を付けて欲しい事はたくさんあるのでご紹介していきます。

個人情報は言い過ぎない

セフレを作る際は自分の本名・住所・会社名などは伝えない方が良いです。
最近のニュースでも良くタレントのリベンジポルノが取り出されていますが、女性はいつ男性を裏切るか分かりません。
女性は感情で動く事が多いので、何かの影響で急にスイッチが入り「あの男の事ちょっと懲らしめてやるか」となるので、リベンジポルノをされないためにも、自分の情報は相手に与え過ぎないようにしてください。
そしてHの際は、相手がiPhoneやボイスレコーダーを持っていないかもしっかりと確認するように。
HのシーンをiPhoneやボイスレコーダーを使い盗撮をしていると、それを悪用される可能性が出てくるので、セフレ相手は疑うだけ疑ってください。

自分が好きなプレイばかりしない

セフレをゲットしたら、なるべく長期間の契約をしたいですよね。
セフレに逃げられない為にはセックスで喜ばせるのが1番なので、セフレが出来たら初めの方は自分の好きなプレイは程々にして、女性が好きなプレイをたくさんしてあげてください。
セックスにハマらせることで、女性は「あの男とのセックスが1番良い」となり、突然いなくなる事も無くなります。

会う前に事前に顔を見せてもらう

出会い系サイトやSNSなどでセフレが出来たら、会う前に実際に相手の顔をテレビ電話などで確認をしてください。
女性の中にはプロフィール写真を加工しまくったり、モデルのものを使っている場合があります。
私も何度も女性に加工詐欺をされてきたので、会う前には相手の顔を確認するようにしています。

セフレが出来ても安心はしていけない!

このようにセフレが出来てもリベンジポルノの可能性や、実際に会ったらプロフィール写真と顔が全く違う人が来る可能性があるので、セフレの事は疑うだけ疑って接するようにしてください!
女性は二面性があるので、疑わないと後で怖い事になります。