セフレ相手の見つけ方は1つでは無いと知ろう

仕事が忙しくて恋人はまだ必要ないけれども、寂しいからセフレ相手が欲しいなら自ら動いて探さなければ見つかりません。
セフレ相手は、意外なことに身近な所でも交友関係次第では調達可能です。

セフレが常にいる人はアンテナを広く張っている

セフレが常にいる人は、常に周囲に対してセフレが欲しいと伝えているのでアンテナを広く張っています。
友人経由での紹介が実は多いと知っておくと良いでしょう。

セフレ候補は3種類いると知っておこう

セフレは恋愛感情を持たずに身体だけの関係で済むために、3種類別々に探すことが出来ます。

  • 元交際相手はセックス経験があるからセフレになりやすい
  • セフレが欲しいと友人に公言しておくと紹介してもらえる
  • 出会い系サイトは共通の趣味友達から始めよう

交際経験が複数あれば、昔の交際相手とのセックスが良かったと思う人が1人はいるはずです。

セフレに求めることは互いの快楽追求と割り切る

恋人関係が煩わしいと思う原因として、仕事が忙しくて期待されている時期に該当する点が挙げられます。
常に心の中にいる存在に気を遣ってあげられないからこそ、セフレで十分だと考えるわけです。

互いのプライベートに干渉しないことがルール

互いの寂しさや性欲を発散させるためにセックスを行うので、セフレは互いのプライベートに干渉しないことがルールです。
どちらか一方が誘っても忙しい時には断ることも自由であって、そのためには互いに複数のセフレがいることも前提として理解しています。

タイミングが合う時のみ一緒の時間を共有すれば良い

セフレがやる気を向上させる理由として、性欲が満たされている状態では同時に気力が漲るからです。
タイミングが合う時だけ会ってセックスする関係ならば、寂しさを紛らわせつつ性欲も解消出来るからこそ明日また頑張ろうと思えます。