セフレ相手の見つけ方は1つでは無いと知ろう

仕事が忙しくて恋人はまだ必要ないけれども、寂しいからセフレ相手が欲しいなら自ら動いて探さなければ見つかりません。
セフレ相手は、意外なことに身近な所でも交友関係次第では調達可能です。

セフレが常にいる人はアンテナを広く張っている

セフレが常にいる人は、常に周囲に対してセフレが欲しいと伝えているのでアンテナを広く張っています。
友人経由での紹介が実は多いと知っておくと良いでしょう。

セフレ候補は3種類いると知っておこう

セフレは恋愛感情を持たずに身体だけの関係で済むために、3種類別々に探すことが出来ます。

  • 元交際相手はセックス経験があるからセフレになりやすい
  • セフレが欲しいと友人に公言しておくと紹介してもらえる
  • 出会い系サイトは共通の趣味友達から始めよう

交際経験が複数あれば、昔の交際相手とのセックスが良かったと思う人が1人はいるはずです。

セフレに求めることは互いの快楽追求と割り切る

恋人関係が煩わしいと思う原因として、仕事が忙しくて期待されている時期に該当する点が挙げられます。
常に心の中にいる存在に気を遣ってあげられないからこそ、セフレで十分だと考えるわけです。

互いのプライベートに干渉しないことがルール

互いの寂しさや性欲を発散させるためにセックスを行うので、セフレは互いのプライベートに干渉しないことがルールです。
どちらか一方が誘っても忙しい時には断ることも自由であって、そのためには互いに複数のセフレがいることも前提として理解しています。

タイミングが合う時のみ一緒の時間を共有すれば良い

セフレがやる気を向上させる理由として、性欲が満たされている状態では同時に気力が漲るからです。
タイミングが合う時だけ会ってセックスする関係ならば、寂しさを紛らわせつつ性欲も解消出来るからこそ明日また頑張ろうと思えます。

セフレを作る際に気を付けて欲しい事

セフレを欲しくないという男性と私は出会った事が無いです。
それほどセフレの需要というのはかなりあります。
ただセフレを作る際の注意点はたくさんあるので、ここでは「セフレを作る際に気を付けて欲しい事」についてご紹介していきます。

セフレを作る際に気を付けて欲しい事

セフレを作る際に気を付けて欲しい事はたくさんあるのでご紹介していきます。

個人情報は言い過ぎない

セフレを作る際は自分の本名・住所・会社名などは伝えない方が良いです。
最近のニュースでも良くタレントのリベンジポルノが取り出されていますが、女性はいつ男性を裏切るか分かりません。
女性は感情で動く事が多いので、何かの影響で急にスイッチが入り「あの男の事ちょっと懲らしめてやるか」となるので、リベンジポルノをされないためにも、自分の情報は相手に与え過ぎないようにしてください。
そしてHの際は、相手がiPhoneやボイスレコーダーを持っていないかもしっかりと確認するように。
HのシーンをiPhoneやボイスレコーダーを使い盗撮をしていると、それを悪用される可能性が出てくるので、セフレ相手は疑うだけ疑ってください。

自分が好きなプレイばかりしない

セフレをゲットしたら、なるべく長期間の契約をしたいですよね。
セフレに逃げられない為にはセックスで喜ばせるのが1番なので、セフレが出来たら初めの方は自分の好きなプレイは程々にして、女性が好きなプレイをたくさんしてあげてください。
セックスにハマらせることで、女性は「あの男とのセックスが1番良い」となり、突然いなくなる事も無くなります。

会う前に事前に顔を見せてもらう

出会い系サイトやSNSなどでセフレが出来たら、会う前に実際に相手の顔をテレビ電話などで確認をしてください。
女性の中にはプロフィール写真を加工しまくったり、モデルのものを使っている場合があります。
私も何度も女性に加工詐欺をされてきたので、会う前には相手の顔を確認するようにしています。

セフレが出来ても安心はしていけない!

このようにセフレが出来てもリベンジポルノの可能性や、実際に会ったらプロフィール写真と顔が全く違う人が来る可能性があるので、セフレの事は疑うだけ疑って接するようにしてください!
女性は二面性があるので、疑わないと後で怖い事になります。

セフレと不倫は同じようで実は違う

既婚者が配偶者以外の人とセックスを行えば、不倫関係に該当しますがセフレとは厳密には意味が違います。
なぜなら、セフレ関係にある場合には最初から既婚者かどうかすら確認する必要が無いからです。

不倫関係に至るには相手のことをある程度知る必要がある

不倫関係に至るためには、出会い系サイトを利用した場合ならプロフィール情報から相手のことをある程度知った上で付き合うことになります。
セフレならば待ち合わせをして身体の相性が良ければそのまま関係継続になりますが、不倫関係は互いのアリバイ工作まで行うことが一般的です。

不倫関係は相手に対する配慮をしっかり行う

不倫関係の多くは、相手に対して愛情を持っていることが前提です。

  • 不倫相手に迷惑が掛からないように常に配慮している
  • 少なくとも本名と住んでいる場所程度は知っている
  • 配偶者の有無は不倫相手の申告による

恋愛感情を持っている状態でセックスを行うからこそ、不倫関係は長続きするわけです。

セフレなら本名すら知らなくても良い

セフレの関係は、趣味としてセックスを行うだけですから、互いの性癖さえ一致していれば本名すら知る必要がありません。
どちらか一方がマンネリ化により飽きたなら、連絡を断つだけで簡単に関係は清算されてしまいます。

セフレには恋愛感情を伴わないことが通常です

不倫関係とセフレの最大の違いは、セフレには恋愛感情を伴わない点が挙げられます。
セフレ相手に対して恋愛感情を持たないからこそ、ある日関係が切れても何ともないわけです。

恋愛感情の有無がセフレと不倫の分岐点

男女の一方または双方が既婚者だった場合には、自由恋愛とはいえセックスを行った時点で不倫関係となります。
しかし、セフレについては恋愛感情を持たない単なる趣味として性癖を満たしているに過ぎません。
このため、恋愛感情があれば不倫、無ければセフレという境界線が生まれるわけです。